プライオリティー的に使用

行動で減量をしようと考えた都合、それなりに激しい行動をしないと効果が出ないのではないかと思ってしまいますが、くれぐれもそんな事はありません。
無論、減量のために特別に考えた行動企画をやりこなすのも一案ですし、それを苦にせず出来るのならなので良いと思います。
但し、行動から遠ざかった生活をしていらっしゃる人の場合だと、運動をする事は何やらハードルが高いものです。
例に抜かりず、私も行動からは遠ざかっているので、減量は望むけど、行動は苦手…という部類だ。
そういう私でも、長い物事継続して行っている、全く簡単な行動があります。
それは、行動につきだけにチャンスを割けないので、普段の生涯の中で、何気ない動きに負荷をかけるという方式だ。

たとえばエレベーターやエスカレーターから段階をプライオリティー的に使用し、可能であれば登るようにしています。
段階によるようになった事で、ヒップ倍加効力がありました。

自宅で洗い物や、歯みがきなどして立って要るだけの時は、つま先立ちを通してある。
単にこれだけの事で、ヒップ倍加といった、大腿の後ろ側の進路をすっきりさせる事が出来ました。

また、何をしている時でも、気が付いたときは必ずやおなかに力を入れて話すように心がけてある。
腹筋運動をするによって思う存分手軽に、気が付いたときにいつでも出来るので、おなかを引き締めるにはいとも良い方法だ。
私の場合は、3太陽ほどでおなかが些か引き締まったように感じました。

その他、近所に行動があるときはなるたけ車種は使わず、歩き、または自転車によるようにしています。
あるくときは、見解を正して、なるべく早足で、少しだけ大股で、スタスタとあるくようにしています。
あるくチャンスをたくさん定めるようになってから、時に食べ過ぎてしまっても、体重が増える事が無くなり、太りづらくなったように感じます。

以上のように、普段の生活に少しの工夫をする事で無理なく減量をする事が出来ました。足がつる

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です